緊張しない方法.net > 緊張する場面 > 試験

テストや試験で緊張しない方法は?

試験

人がよく緊張してしまう場面には、大勢の前でのスピーチや大事な試合などがあります。

他にも、進学先や将来の仕事を大きく左右する試験や面接では、実力を全て出し切ろうとするプレッシャーから緊張してしまい、失敗することも多いといいます。


試験はやり直しが効かない一発勝負ですので本番で実力を出し切りたいものでが、人は強く緊張すると、思考が上手く働かず、動悸や手の震えから試験に集中できないということがあります。

そして、実力の半分も出し切れなかったという結果に終わることも少なくありません。

試験で緊張する原因を知る

試験で緊張しないためには、まず、自分が何に緊張しているのかを知ることが大切です


試験に受かりたいという自分自信のプレッシャーはもちろん、大学受験などの試験で
よく見られるのが、両親や兄弟、先生や周りの友人からのプレッシャーです。

周りの人の期待に応えたいと思うのは当然のことですが、
受からなければいけないというプレッシャーが、失敗したらどうしよう
という不安を生み出し、試験での緊張を増大させます。


また、あがり症のように人より緊張しやすいという人は、試験でなくとも
大勢の人前で何かをすること自体に緊張してしまうことがあります。

知らない人に囲まれて緊張すると動悸がしたり、手が震えたりすることがありますが、
それを必死に抑えようとする焦りから、さらに緊張が大きくなって
試験にも集中できなくなってしまいます。

緊張しない為のポイント

試験のように緊張してしまう場面では、緊張を和らげることはもちろん、
緊張や不安を増大させないことが重要です

何処にも逃げられない状態で、決められた時間内に行われる試験は、
普段ほとんど緊張しない人にとっても緊張してしまう場面なので、
焦れば焦るほど実力を発揮することが難しくなります。


テストや試験で緊張しないポイントは、緊張を解くことです。

これまで頑張って勉強したのであれば、試験直前になって焦ることはありません。
思い切って試験のことは忘れて、自分の趣味などに没頭するのも緊張を解く一つの手段です。