緊張しない方法.net > 緊張しない方法 > 自己暗示・おまじない

緊張に効く自己暗示とおまじない

おまじない

普段なら何ともないのに、大事なテストや試合、人前でのスピーチなどで緊張して上手く話せなかったり、力を発揮できないことがありますよね?

大事な場面で緊張することは自然なことで、大抵の人は自分にとって効果的な緊張しない方法の一つや二つ知っているものです。


緊張しない方法として使われることが多いのが、呼吸法、マッサージ、ツボ押しなどで、即効性はそれほどないものの、体をリラックスさせて緊張をほぐすのに効果的とされています。

他に、自己暗示やおまじないも中高生をはじめ若い世代や女性を中心に人気があります。

そんな迷信みたいなものは信じられないという人も多いですが、
実は自己暗示という方法が緊張をほぐすのに意外な効果を発揮してくれるのです。

お守り代わりにいくつか覚えておくと、いざという時に役立つはずです。

簡単にできる自己暗示とおまじない

覚えやすく手軽なおまじないには、

・自己紹介やスピーチの前に「アマリリス」と17回復唱する
・胸に指で渦巻きを描いてから深呼吸する
・薬指を60回たたく
・手のひらに指で「人」と3回書いて舐める
・緑色の物を携帯したり身につける

といったものがあります。


どれも科学的な根拠はありませんが、何かの動作を何度も繰り返すことで
意識がそこに集中して緊張が解ける、リラックス効果のある色で気持ちを落ち着ける
といった効果が信じられています。

また、緊張を解くおまじないに手を使ったものが多いのは、
手のひらのツボや心臓と関連性の深い薬指などが関係してそうです。

体をリラックスできる自己暗示

私たちは普段から緊張したり不安になると、気付かないうちに深く呼吸をしたり、
手を擦り合わせたりと体が勝手に動いて緊張を和らげようとしています。

緊張をほぐすには体をリラックスさせて不安を取り除くことが一番で、
もしそんな時に無意識のうちに行っている動作などがあれば、
それらを自己暗示として使うのもお勧めです。


自己暗示もおまじないも、それを行えば必ず効くと信じることが一番重要です。

実際に、ただの砂糖を効果の高い薬といって処方したところ、
多くの患者の症状が改善したという研究結果もありますので、
効果があると自分自身に暗示をかけることが意外な効果を発揮してくれるでしょう。

大事な場面で失敗しないように、いざという時に使えるおまじないを
いくつか用意しておくと便利です。





◆その他の関連記事◆