緊張しない方法.net > 緊張する原因 > 社会不安障害

社会不安障害で感じる緊張の対策

社会不安障害

社会不安障害は、人前で話したり、食事をしたり、文字を書いたり、電話を取るといった行動に対して強い緊張や不安を感じ、それらが社会生活に支障をきたしてしまう症状のことです。


人前で緊張しやすいあがり症とは違い、社会不安障害は人前に出ることが極度な不安や恐怖となるため、赤面や汗、動悸や震え、時には吐き気といった身体症状を伴うことがほとんどです。

精神的ストレスと辛い身体症状に耐えられず、社会から孤立してひきこもってしまうこともあるため、気になる症状がある場合はすぐに対処しなければなりません

社会不安障害になりやすい人は?

社会不安障害は精神疾患のため、自分もそうかもしれないと思っても、
なかなか医療機関を受診できないといいます。

社会不安障害を発症すると人前や知らない人と話すことを避ける傾向にあるため、
人見知りで内気な性格の人がなりやすいと思われがちですが、実はそうではありません。


社会不安障害と性格には密接な関係があるといえ、その人の性格から
社会不安障害になりやすいタイプかそうでないかが、かなりの確率で判断できるといいます。

一般に症状を発症しやすいのが、真面目で几帳面、心配症、神経質といったタイプです

その他に、責任感が強い人や自意識が高く何事にも完璧さを求める人も発症することがあり、
これまで行動的だった人がある日突然社会不安障害になってしまう可能性があります。

社会不安障害を改善するために

責任感が強く周りの人への配慮も大切にする人は、繊細で傷つきやすく、
ちょっとしたトラブルでも深く考え込んでしまう傾向にあります。

そのため、大事な場面で失敗すると、また同じような失敗をしてしまうのではないかと不安になり、
周りの人もそう思っているのではと恐怖感を覚えて、人前に出るのが怖くなり
社会不安障害を発症してしまうことがあるのです。


社会不安障害を改善するには、人前で緊張する原因をひとつずつ解消していくことが一番大切ですが、
周りに理解されにくい症状であることから、一人で悩みを抱え込むケースが多いといいます。

自分が社会不安障害かも知れないと思ったら勝手に判断しないで、
まずは、できるだけ早く医療機関などを受診するようにしましょう。






◆その他の関連記事◆