緊張しない方法.net > 緊張する場面 > 朝礼

朝礼の時に緊張してしまうあなたへ

社会人になると、プレゼンや取引先での挨拶、
冠婚葬祭でのスピーチなど、人前に出る機会が増えます。

その中でも、特別なことを行うわけではないのに
緊張してしまう場面として知られるのが会社での朝礼です。


会社によっては毎朝必ず朝礼を行うところも多く、大抵の場合、
朝礼担当が決まり文句となる挨拶や会社規律などを復唱したり、
中には毎回何か一言を話さなければならないというような職場もあります。

プレゼンや大事なスピーチとは違い、何度も練習して
本番に備える必要はありませんが、人前が苦手な人や
人前で話すと緊張するというあがり症の人にとっては、
これだけで会社に行くのが憂鬱になってしまうほどイヤなものが朝礼です。

朝礼の緊張を乗り切る裏ワザ

朝礼の際に何か一言話さなければならないのであれば、入浴後など
体がリラックスしている時に話す内容を考えて書き留めておくとよいでしょう。

通勤途中や朝礼の前にメモを見てこっそり練習する習慣を付けておくことで、
何を言っていいのか分らずに焦って緊張することがなくなるはずです。


一日の始まりを憂鬱にする朝礼ですが、適度な緊張は仕事に対する
緊張感を高めてパフォーマンスアップに役立つこともあります。

緊張するのは全く恥ずかしいことではありませんので、
朝の緊張は必要なものとして開き直ることが大切です。

朝礼が極度のストレスに・・・

会社によっては持ち回りで朝礼スピーチを行うところもありますので、
緊張にどうしても耐えられないという場合、無理に頑張るよりは
一時的に抗不安薬などの薬を利用するという選択肢もあるでしょう。

ストレス社会とも呼ばれる心の病の多い現代社会では、
緊張しやすいあがり症をはじめ、対人恐怖症や社会不安障害など
精神的不安が原因で起こる様々な症状に悩む人が増えています。


あがり症などで医療機関を受診する人も増えているため、
気になる症状があれば一人で抱え込まないで、
思い切ってカウンセリングを受けることも考えてみましょう。