緊張しない方法.net > 緊張の症状を解消 > 動悸

緊張による動悸を抑える方法は?

動悸を抑える方法

人は、驚いた時や緊張した時、激しい運動をした後などに、心臓がドキドキしたり息が上がることがよくあります。

動悸は身体の自然な現象で、通常であればしばらくすると治まりますが、人よりも緊張しやすいあがり症などの人は、人前やちょっとしたことで動悸がして胸が苦しくなる症状がよく見られます。


驚いたり、運動の後の動悸であれば、深呼吸をすればすぐに呼吸が整い、動悸も治まります。

しかし、緊張による動悸は、大事なテストや面接の前など何日も前から当日のことを考えただけで緊張して症状がでることも多く、緊張や不安といった精神的な要素を取り除かない限り、抑えることがなかなかできません。

動悸の原因

ストレス

緊張した時に動悸がするのは、緊張や不安といった気持ちがストレスとなって自律神経に作用することが主な原因と考えられています。

自律神経はデリケートなため、強い緊張やストレスが長く続くとバランスが崩れて、手汗や動悸、時には呼吸困難などの症状を引き起こすことがあります。


緊張による動悸を止めるのに一番効果的なのは緊張を解くことです。

人前やスピーチを行う時に強い緊張を感じて動悸すると、胸が苦しくなって頭がパニックになりますが、何とかしようと焦れば焦るほど緊張は大きくなって動悸を抑えることもできません。

動悸が激しいときの対処法は?

動機の対処法

緊張は急速に高まる性質がある一方で、ちょっとしたことでプツンと糸が切れるように解けるものです。

不安、心配、焦りが大きくなって止められないときは、一時的に意識を別のものに集中させるというのも一つの手段です

例えば、スピーチの最中に動悸を感じたら自分の話すことを客観的に聞こうとすることで、意識がそれて緊張が解けやすくなります。


緊張による動悸などの症状は、他人に気付かれにくい一方で悩みを抱え込みやすい傾向にあるといえ、何もしないで放っておくと他の症状を発症して治すのが難しくなります。

緊張の症状を解消したいのであれば、一人で悩まずに、悩みを解消できる方法についていろいろな情報を集めてみましょう

その中で、きっとあなたに合った方法を見つけることができると思います。





◆その他の関連記事◆