緊張しない方法.net > 緊張する原因 > あがり症

あがり症を治すには原因を知る事から

あがり症

人は誰でも大事なテストや人前でのスピーチなどで緊張することがありますが、人によっては極度の緊張によって声や手が震える、顔が真っ赤になる、汗をかくといった身体症状が現れることもあります。

このように人よりも緊張しやすい人や緊張した時に現れる症状
一般にあがり症と呼びます


大抵の人は大勢の前でスピーチする際などに緊張して汗をかいたり、声がうわずって上手く話せないとそれを恥ずかしいと感じます。

しかし、あがり症の人は、普通の人であれば緊張しない毎日あいさつや電話で話すといった、ごく日常的な場面でも緊張することがあります。


あがり症のように目に見えないものが原因で起こる症状は
周りの理解が得られないことが多く、人に誤解されたりして
仕事や人間関係に支障をきたしてしまうこともあります。

あがり症に多いタイプは?

あがり症の原因には心理的なものが多く、主に他人が自分をどう思っているのか
変に見られていないか、といった不安や心配が症状を発症させます。

そのため、神経質で物事を完璧にこなす人、周りに気を遣う人などに多く、
集団行動を大切にする日本人にはよく見られる症状として知られています。


あがり症の人は、緊張することを恥ずかしいと感じて、
何とか症状を抑えようとすることが更に緊張を増加させていることがよくあります。

あがり症は本人が考えているほど、周りから見て気が付かない症状です。

そのため、周りの理解が得られずに一人で悩んでしまうことが多く、
本人にとってはとてもツラいものです。

あがり症を治すために

一人で悩み続けることがストレスとなっては症状をさらに悪化させてしまうため、
症状を治すためには神経質にならないことが最も重要です。


緊張に慣れるというのも一つの手段ですが、あがり症を改善するためには、
まず緊張する原因を知ることが大切です。

最近では、精神的不安が原因の症状を治療できる医療機関がどんどん増えていますので、
まずはカウンセリングを受けてあがり症と向き合うことから始めましょう。





◆その他の関連記事◆